北海道へAIRDOを利用して旅行へ行く

AIRDOを利用して北海道入りを検討されている方もいることでしょう。ANAやJALは利用したことがあってもAIRDOは利用したことがないといった人もいるのではないでしょうか。エアドゥは「AIR DO」という表記となっています。AIR DOという表記のAIRは飛行機、DOは北海道の道です。名前の由来もユニークですね。

1998年に開業し、千歳空港と羽田空港路線で就航がスタートしました、今ではすっかりお馴染みですが、一時は経営不振になったこともあり、民事再生法適用を受けています。このことでANAの支援を受けることとなり、2005年に再建が完了しています。現在もANAと提携しており、コードシェア運航もなされています。
AIRDOの予約はインターネット上から行うことができます。また支払いはコンビニ支払いが可能です。クレジットカードでの支払いは不安といった人はコンビニで支払うといいでしょう。

コンビニでの支払いは確認番号9桁が必要となります。予約番号は4桁です。わかりずらいかもしれませんが、間違わないよう気をつけてください。わからないときはAIRDOに問い合わせて確認しましょう。
支払いですが支払い期限日を経過すると予約番号と確認番号の両方が必要となります。あらかじめ予約番号は4桁、支払いに必要な確認番号は9桁と頭に入れておくといいでしょう。

搭乗手続きはどうすればいいのか?というと出発予定の15分前までに保安検査場へ行きます。
ANAに自動チェックインのシステムに予約番号4桁と確認番号9桁を入力します。カウンターで領収証を提示すればOKです。万が一、支払い期限がすぎた場合もこれでカバーできます。

しょっちゅう利用する人でなければわからないことも多いかと思いますが、わからないなりになんとかなるものです。
AIRDOでオススメ航路の北海道に行ったら美味しいジンギスカンのお店に行きたいといった人もいることでしょう。そうした人におすすめなのが「ツキサップじんぎすかんクラブ」です。ツキ

サップじんぎすかんクラブはちょっと変わったスタイルのお店です。ここはいかにもジンギスカンとビールといったお店ではありません。ここのラムはあくまで「マトン肉」にこだわりぬいています。マトンはラムよりコクがあります。臭みだと思う人もいますが、北海道のマトンは新鮮なものを使っているので、美味しいものを食べることができます。生のマトンは病みつきになります。ぜひ1度は食べてほしいメニューです。ビールもいいですが、ワインにもピッタリなメニューです。