AIRDOの利用について

AIRDOは北海道と本州を結ぶ重要な路線です。今でこそ北海道は飛行機で行くのが普通となりましたが、その昔は新幹線を乗りついだり、寝台で行くといった方法が主流でした。以前は飛行機代は高かったことも大きな要因です。1990年代に入り、北海道への移動は飛行機が主流となりました。その後はLCCの参入などで航空運賃も安くなり、利用も便利となりました。

AIRDOもその走りで1998年に参入を果たしています。航空運賃が安くなったのは1995年12月の「幅運賃制度」の導入の影響です。この設置で一定幅の中で運賃を設定することが可能となりました。逆に航空会社にとっては運賃競争の時代に突入し、厳しい戦線を強いられる時代となります。AIRDOは北海道のベンチャー企業として価格面でも低価格運賃を目指し、運営をスタートします。

AIRDOの予約ですがインターネットで行うことができます。支払いはクレジットカードも利用できます。例えば友人や家族など本人以外の人が搭乗する場合、自分名義のクレジットカードで支払いが可能かどうか?と疑問を持っている人もいることでしょう。航空会社によっては本人名義のクレジットカード以外、NGというケースもあります。例えば大韓航空などがそうした会社の1つです。AIRDOは本人以外の搭乗でもクレジットカード決済がOKとなっています。
セキュリティについても配慮されており、セキュリティコード認証が必要となります。これで支払いは完了です。

チェックインの際に、確認番号と予約番号が必要となるのでこちらはしっかり持参しましょう。番号がわからないと時間がかかったり、トラブルの原因となります。当日カウンターで「わからない」といった状態になるのだけは避けましょう。

札幌といえば「札幌スープカレー」もぜひ食べてみたいメニューです。このメニューは薬膳料理がベースになっているそうです。スパイスが効いたスープで夏場も美味しく食べることができます。野菜は札幌産の美味しいじゃがいもやさつまいもなどが入っています。お店によっても材料は異なります。
アジャンタ本舗についてもおすすめです。このお店は薬膳カリィ本舗となっています。スープカレーはわりと近年にできたものだと思っている人も多いようですが、ア
ジャンタではスープカレーの老舗で40年以上に渡り手がけています。このお店は札幌市東区にあるので機会があれば行ってみてください。本場のスープカレーはぜひ食べたいところです。ここでは30種類以上のスパイスが調合されています。漢方薬も入っており、その種類はなんと15種類にも及びます。