AIRDOを最安値で予約する

北海道方面へ行く予定の方で飛行機利用を検討している人の中には、AIRDOの利用を検討している人もいることでしょう。AIRDOは正式名称「株式会社AIRDO」といいます。本社は北海道の札幌市にある企業です。
AIRDOはもともと1996年11月14日に創立された企業であり、北海道国際航空株式会社という名前で運行を実施していました。2012年10月に社名の変更がなされ今のようなAIRDOという呼び名になりました。航空会社コードも「ADO」となっています。大変わかりやすいですね。

phm15_0528

チケットもお得なものが出ていることがあります。予約の際にインターネットを利用して予約するといった人もいることでしょう。インターネットの予約の場合、簡単な画面操作で航空券予約が可能となっています。初心者でも安心して利用できるのでぜひお試しください。
予約ですが24時間いつでも可能です。運賃と空席状況が常時されるので、一覧で確認します。空席ボタンをクリックし、その後は名前と連絡先を入力して予約が完了となります。

予約は登場予定の2日ヶ月前から可能です。
AIRDOの航空券は「スカイチケット」で予約ができるので、早めにAIRDOを予約するとチケットが安い場合も多いので、早めに価格はチェックしておきましょう。
また6名から2区間まで予約が可能となっています。支払いはインターネットでそのまますることができます。購入手続きボタンからクレジットカード決済ができます。またクレジットカードをお持ちでない方などクレジット決済を希望しない場合は、コンビニでの支払いも可能です。搭乗手続きの際は自動チェックイン機が利用できます。

予約が完了すると予約番号が発行されます。予約番号は予定変更や何かの確認の際、必要となるので必ず確認しておきましょう。AIRDOの予約番号がよくわからない人は4桁の数字を探してください。それが予約番号となります。最初はわからない点もあるかと思います。インターネット上でも表記されていることが多いので、検索してみるといいでしょう。

北海道へAIRDOを利用して旅行へ行く

AIRDOを利用して北海道入りを検討されている方もいることでしょう。ANAやJALは利用したことがあってもAIRDOは利用したことがないといった人もいるのではないでしょうか。エアドゥは「AIR DO」という表記となっています。AIR DOという表記のAIRは飛行機、DOは北海道の道です。名前の由来もユニークですね。

1998年に開業し、千歳空港と羽田空港路線で就航がスタートしました、今ではすっかりお馴染みですが、一時は経営不振になったこともあり、民事再生法適用を受けています。このことでANAの支援を受けることとなり、2005年に再建が完了しています。現在もANAと提携しており、コードシェア運航もなされています。
AIRDOの予約はインターネット上から行うことができます。また支払いはコンビニ支払いが可能です。クレジットカードでの支払いは不安といった人はコンビニで支払うといいでしょう。

コンビニでの支払いは確認番号9桁が必要となります。予約番号は4桁です。わかりずらいかもしれませんが、間違わないよう気をつけてください。わからないときはAIRDOに問い合わせて確認しましょう。
支払いですが支払い期限日を経過すると予約番号と確認番号の両方が必要となります。あらかじめ予約番号は4桁、支払いに必要な確認番号は9桁と頭に入れておくといいでしょう。

搭乗手続きはどうすればいいのか?というと出発予定の15分前までに保安検査場へ行きます。
ANAに自動チェックインのシステムに予約番号4桁と確認番号9桁を入力します。カウンターで領収証を提示すればOKです。万が一、支払い期限がすぎた場合もこれでカバーできます。

しょっちゅう利用する人でなければわからないことも多いかと思いますが、わからないなりになんとかなるものです。
AIRDOでオススメ航路の北海道に行ったら美味しいジンギスカンのお店に行きたいといった人もいることでしょう。そうした人におすすめなのが「ツキサップじんぎすかんクラブ」です。ツキ

サップじんぎすかんクラブはちょっと変わったスタイルのお店です。ここはいかにもジンギスカンとビールといったお店ではありません。ここのラムはあくまで「マトン肉」にこだわりぬいています。マトンはラムよりコクがあります。臭みだと思う人もいますが、北海道のマトンは新鮮なものを使っているので、美味しいものを食べることができます。生のマトンは病みつきになります。ぜひ1度は食べてほしいメニューです。ビールもいいですが、ワインにもピッタリなメニューです。

AIRDOの利用について

AIRDOは北海道と本州を結ぶ重要な路線です。今でこそ北海道は飛行機で行くのが普通となりましたが、その昔は新幹線を乗りついだり、寝台で行くといった方法が主流でした。以前は飛行機代は高かったことも大きな要因です。1990年代に入り、北海道への移動は飛行機が主流となりました。その後はLCCの参入などで航空運賃も安くなり、利用も便利となりました。

AIRDOもその走りで1998年に参入を果たしています。航空運賃が安くなったのは1995年12月の「幅運賃制度」の導入の影響です。この設置で一定幅の中で運賃を設定することが可能となりました。逆に航空会社にとっては運賃競争の時代に突入し、厳しい戦線を強いられる時代となります。AIRDOは北海道のベンチャー企業として価格面でも低価格運賃を目指し、運営をスタートします。

AIRDOの予約ですがインターネットで行うことができます。支払いはクレジットカードも利用できます。例えば友人や家族など本人以外の人が搭乗する場合、自分名義のクレジットカードで支払いが可能かどうか?と疑問を持っている人もいることでしょう。航空会社によっては本人名義のクレジットカード以外、NGというケースもあります。例えば大韓航空などがそうした会社の1つです。AIRDOは本人以外の搭乗でもクレジットカード決済がOKとなっています。
セキュリティについても配慮されており、セキュリティコード認証が必要となります。これで支払いは完了です。

チェックインの際に、確認番号と予約番号が必要となるのでこちらはしっかり持参しましょう。番号がわからないと時間がかかったり、トラブルの原因となります。当日カウンターで「わからない」といった状態になるのだけは避けましょう。

札幌といえば「札幌スープカレー」もぜひ食べてみたいメニューです。このメニューは薬膳料理がベースになっているそうです。スパイスが効いたスープで夏場も美味しく食べることができます。野菜は札幌産の美味しいじゃがいもやさつまいもなどが入っています。お店によっても材料は異なります。
アジャンタ本舗についてもおすすめです。このお店は薬膳カリィ本舗となっています。スープカレーはわりと近年にできたものだと思っている人も多いようですが、ア
ジャンタではスープカレーの老舗で40年以上に渡り手がけています。このお店は札幌市東区にあるので機会があれば行ってみてください。本場のスープカレーはぜひ食べたいところです。ここでは30種類以上のスパイスが調合されています。漢方薬も入っており、その種類はなんと15種類にも及びます。

電車利用よりも航空便AIRDOを

AIRDOはANAとの運行で北海道の各地のローカル路線についても運行を実施しています。北海道は面積がとても広く移動にも時間がかかります。イメージとしては北海道は九州地方くらいの移動距離があるといっても過言ではありません。道路でももちろん移動できますが、時間もかなりかかります。AIRDOは価格や搭乗率の競争にも積極的です。また千歳空港と仙台、千歳空港と福島や小松、富山などの路線設置も実施されています。

今まで電車での移動がメインだった場所も飛行機で移動が可能となりました。AIRDOは2013年に総利用者数が1000万を突破しており、さらなる活躍が期待されています。AIRDOの予約がわからないといった人はまずはインターネットで公式サイトを見ることをおすすめします。公式サイトに予約についてわかりやすく書いています。図でも説明が掲載されているので、わからないという悩みは解消されるのではないでしょうか。

AIRDOの予約が完了すると予約番号が発行されます。予約番号は4桁の番号です。こちらが発行されているかどうか?しっかり確認しましょう。
北海道は美味しいものがたくさんありますが、AIRDOでニセコ方面に行かれる予定であれば「ニセコ羊蹄コロッケ定食」についてもおすすめです。こちらはニセコの特産品を使ったコロッケメニューです。副菜などにもこだわりを見せており、お米ももちろんニセコ産のものを使っています。北海道の味をふんだんに楽しめるメニューです。
北海道と言えばじゃがいもの名産地でもありますが、特にニセコ産のものは美味しいと評判です。ニセコのじゃがいものは実際に食べてみれば美味しさがさらに分かることでしょう。

ニセコ羊蹄コロッケ定食にはルールが設定されています。どういったルールかというと食の安全を主体に考えたもので8項目に分類されています。
このルールに従ってニセコ羊蹄コロッケ街道という通りでは7つの飲食店が定食を提供しています。ルール化など徹底されているあたりもさすがです。可能であれば1店だけではなく、何店か食べ歩きをしたいところです。

北海道ならでのメニューをご当地で食べ歩くという旅もおすすめとなっています。北海道は海産物をはじめ、北海道で作られた名産品が多数あります。スープカレーやジンギスカンなどぜひ堪能してください。食べ物についてもスケジュールを検討してみるといいでしょう。
北海道の旅は非常に奥深いものがあります。まだ行ったことがない方はこの機会にAIRDOを利用して行ってみてください。

AIRDOの予約番号

AIRDOに興味を持っている人もいるかと思います。2011年3月11日に起きた東日本大震災ですが、各地に多大な被害が出ました。現在も修復工事が進められている場所がたくさんあります。
仙台空港についても3週間に渡り閉鎖されました。AIRDOは千歳空港から仙台空港までフライトを運行していたのですが、臨時便という形でこのときは山形空港に運行していました。山形から仙台への移動は1時間前後で可能であり、近距離にあります。仙台空港回復後は仙台空港で路線再開を果たしています。

2013年3月には千歳空港から岡山空港に運行を開始しています。また6月には千歳空港から神戸空港への運行も実施しています。北海道旅行はますます人気となっており、AIRDOを利用して北海道を訪れる人の姿も後を絶ちません。

AIRDOですが、公式サイトから気軽に予約することが可能です。自分で予約したことがない方でも安心して予約することができます。日付や時間などは間違わないよう、何度もチェックしましょう。予約が無事完了すると予約番号が発行されます。予約番号は4桁の番号です。4桁ではない場合は、予約番号ではないので気をつけましょう。

最初は操作がわからないという人もいるかと思います。そうした人はやり方についても公式サイトで丁寧にやり方が掲載されているのでそちらを見てみるといいでしょう。
北海道には人気のレストランが多数ありますが、ニセコに行くならニセコ羊蹄コロッケ街道にも行ってみるといいいでしょう。ニセコ羊蹄コロッケ街道の中でもぜひ立ち寄って欲しいのが「じゃが太」というレストランです。ここはファームレストランとなっています。

ここの経営は農家の方が経営しており、メニューは洋食がメインです。特にじゃがいものを使った料理は絶品だと評判です。ここでニセコの味を思う存分堪能されてはどうでしょうか?

ここの野菜は雪を利用した自然エネルギーを使っています。これはどういったものか?というとじゃがいもの冷蔵保存するといったものです。雪の冷たさを利用して冷蔵庫代わりにする保存方法です。環境にも優しい農家ならではのアイディと言えます。
「ちっぷべつ緑のナポリタン」についてもおすすめのお店です。こちらのお店は秩父別町にあります。秩父別町はブロッコリーが名産の町でもあります。

ここではブロッコリーをふんだんに使って練りこんだパスタを提供しています。またトマトについても秩父別町産のものを使っており、トマトジュースあかずきんちゃんについてもおすすめです。